トップ / 病院へのお見舞いの配慮に関して

病院への見舞いのこと

病院へのお見舞いの配慮に関して

病院選びに関する情報

病院でのお見舞いの注意点 

病院にお見舞いに行く際に心掛ける事。大事な事が2つあります。1つ目は決して長居をしない事。患者さんは具合が悪くて入院しているのです。お見舞いの時間が長くなるほど身体に負担をかけてしまいます。特に相手が女性の場合、病院では化粧もせず、髪もバサバサ、着ているものもパジャマです。そんな身なりを見られていては精神的にも負担になります。2つ目は静かに見舞う事。個室は費用が高いので大抵は6人などの相部屋でしょう。その部屋には他にも患者さんがいます。思わず我を忘れて話に没頭したりすると周りの患者さんの迷惑になってしまいます。是非とも、そうした事を心掛けたいものです。

病院へのお見舞いの配慮 

病院に知人が入院しているとして、お見舞いに行く場合、気を付けたいことがあります。定められた面会時間や、面会規則などのほかに、ご本人が面会を望んでいるかと言うことです。ご本人から会いに来てほしいという連絡があったのならもちろん出かけるべきですが、友人伝いに聞いたから、と出かけて行っては相手に迷惑がかかることもあります。人によっては闘病している姿を見せたくないでしょうし、ご本人のみならずご家族も、その姿を誰かに見せたいとは思っていないかもしれないのです。直接来てほしいと聞いたのでなければ、少しの間は病院に行くのは遠慮して、様子をみるべきでしょう。親しい間のご友人なら、ご本人から連絡が入るはずです。

病院,選び